GIVE ME YOUR NUMBER

グローバルセクロスアスリート in SouthAsia

プロジェクトLCC vol.1 高雄ツアー2「準備しておこう。チャンスはいつか訪れるものだ」

 
 
今回、僭越ながら高雄ツアーにゲスト枠として呼んでいただいたのだが、

正直自分で良いのか困惑していた。

 

理由は単純でナンパ師さんとの合流経験も全然無く、人と自分のナンパスキルを比較したことが無いため自分がゲストに相応しいのか分からなかったからだ。

 

また、以前クラトロ氏に会いに台湾へと訪れた時のこと、私と彼の共通の趣味がナンパであったこともあり、私は観光もせずに、毎日ナンパをしていた。鼎泰豊(台湾名物と言える全世界チェーンの小籠包屋さん)は食べたがこれも女の子がどこにも観光してないなら連れて行ってあげる!と言うので行ったくらいである。

 

さて、ここで問題なのは私がこの旅行期間中、ナンパしかしていないにも関わらずゲットできなかったことにある。

 

もう、年も年なので、数を追うなんて不毛なことはやらないし、彼女になりうるパートナーを各国に作ることが私の理想なのだが、この「未ゲット」というのはスタートラインにも立っていないこととなり、とても悔しく思ったことは今でも忘れない。

 

 
そんな背景もあったが、今回は盟友クラトロ氏の期待に答えるべく、

 

自分が最初のゲットを飾ってみせる。

 
 そう意気込んだツアーだった。
 
 
結果的として、その想いは実現することになる。
 
前置きが長くなった。私はシンガポールというスト低大国に住んでいるので、台湾人はみんな美女に見える特需があり、完全に声掛け無双状態であった。ナンパマシーンの誕生である。

 

ただ、ブスを抱けない人が、美女を抱けるはずがない。

 

というマイルールにしたがっていたこともある。とにかく手当たり次第声をかけまくっていた。

 

そんな中、身長173cm over、キャリーバッグをゴロゴロさせ、胸元がぱっくり空き、肌の露出が激しめの白いドレスを来た女性とすれ違う。

 

一旦、通り過ぎてしまったのだが、少し考えた後、一緒に歩いていた参加者さんに断りをいれ、Uターンし、声をかける。

 

彼女は色んな国の血が混じったモデルということなので、以下、雑種と呼ぶ。

 

J「こんにちはー」

雑種「???」

J「I’m Japanese live in Singapore. I came here for my business trip. You??」

 
雑種「私はここから離れた場所におばあちゃんと住んでるの。今日はモデルの仕事でこっちまで1人できてて、明日帰るつもり。ちなみに、おばあちゃんは日本人よ」

J「そうなんだ、てか何人なの?自分」

 
雑種「イタリアとロシアと台湾と日本のミックスよ」

J「Awesome、世界最強のスペシャルミックスだね」

 
雑種「あははは、そうね」

J「You so nice, Shall we grab a coffee or something?」

 
雑種「Sure!!」

 

 
 
だいたいこんな流れで連れ出した。
 
 
今回の連れ出し重要なポイントは、
 

・1人できていて明日まで暇

・日本に良いイメージがある

・私が色んな国に旅行へ行っていることに興味がある

 
こんなところだったかなと。
 

 

そこからスタバに行き、

 

「どれが良い?俺が注文して持って行くから向こうに座っておいて?」

 

と指示し、勿論ナプキンを持った状態で、

テーブルに飲み物を運ぶ。彼女の飲み物のストローも私が刺して渡す。

 

私が一番好きな瞬間だ。

 

イタリア国籍もあると言っていたので、イタリア人にも負けないエスコートで、魅了してやると思い、徹底的に主導権を握りにいった。

 

会話は基本的に、こちらから

 

・なんで今の仕事?

・旅行はどこに行った?

・日本は行ったことある?

・日本食は何が好き?

・今彼氏何人いる?

・5人?私も6人目にエントリーしていい?

 

 
といった質問をしていき、パーソナルな情報を仕入れる。

 

その後、

 

・髪と肌がすごいきれいだね

・オープンマインドでフレンドリーだね

 

と、後天的に身につけるであろう外見面と、全世界的観点から喜ばれる内面を徹底的に褒める。

 

勿論、満面の笑みで。

 

何かと笑顔でCool!! Awesome!! Really!? Wow!! So cute!!とか、騒いでると自然と楽しくなり良い雰囲気になる気がしている。

 

その後、この辺でBarとか知ってる?とか聞くと、この近くにナイスなスポーツBarがあるわよとのこと。

 

じゃあ、行こう!言うと、OK!と移動。

 

ここまでグダは一切なかった。

 

彼女のキャリーバックを運んであげ、階段を降りるときや段差があるときは、絶対に手を添える。これはどんな人でも相手が女性の場合、年齢問わず、自分が心がけていることである。エスコートナルシシズムと私は呼んでいる。

 

必要無い人は「大丈夫」と断ってくるので、OKOKとこっちもさっと手を引く。

 

 
向こうが手を貸した場合も、段差を降りた瞬間に手を離す。手を繋ぎたいのではなく、相手のために手を貸す。
 
慣れて来ると本当に自然に出てくるようになる。

 

さて、Barへ歩いて移動してる間に、

 

「そういえば、家に色んな日本人の友達がいるから、家で飲まない?」

 

と打診。

 

彼女は少し考えたあとに、

 

「いいわよ」と答えた。

 

速攻でタクシーを広い、

彼女に住所を中国語で伝えてもらう。

 

ここで既に手つなぎはクリア。

 

途中でワインをコンビニで購入し、

 

家in。

 

勿論、誰もいない。

 

光の速さでワインを注ぎ、音楽を流す。このときはボブ・マーリー様に頼った気がする。ルーツ系レゲエのChillな雰囲気でリラックスしていただく。

 

そこから飲みながら、キスを試みるも嫌がる。

 

連れ出しから一貫して、初めてのグダだった。

 

モデル「クレイジーすぎる。まだ会って1時間しかたっていないのよ」

 

そりゃそうだ。完全に同意だが、形式グダであることはわかっていた。

 
J「俺は君を魅力的だと思ってるし、こっちに滞在できる時間も無い。もっと君のことを知りたい」

 

と言いながら、手→ほっぺた→口と移動させ、

ベッドにおいで、おいでと誘導。

 

しかし、グダる。

 

モデル「やっぱりまだ早すぎる」

 

 
J「Listen, I don’t do kind of this thing, everyone. You are a special person for me. Please trust me.」

 

 
という言葉と、俺の目を見ろ、口を開けろ、舌を出せ、
 
など、目を見つめながら堂々とした態度で命令系の言葉をかけ、雄♂を出し、本能的な彼女の雌♀を引っ張りだし、最終的にはセックスさせていただいた。
 
正直、この時のセックスはツアーゲストとしての安堵感と達成感で全然楽しめなかったのはここだけの話。
 
ただ、出会って1時間半ほどでGetできたことには満足していた。スペックも悪くない。
 
ちなみに結果として、この子は別の参加者さんとセックスすることになるのだが、自分もシェアの経験が積めて、参加者さんも楽しんでいたみたいなので、良かったなと思う。
 
色んなことが経験できた「尊い」ナンパツアーだった。
 
ProjectLCCは続く 

 

 

 

プロジェクトLCC vol.1 高雄ツアー「尊いナンパツアーのはじまり」

こんばんわ。

ジェシー・キュウベイ・ピンクマンでございます。

 

 

 

こんな気持で、今回は栄えある

プロジェクトLCC「LCCで飛べる各国に愛すべきパートナーを作る」

camp-fire.jp

 

第一弾高雄ツアーをかれこれ7年以上の付き合いである盟友クラトロ氏

豪商クラトロ (@clubtropixxx1) | Twitter

から

参加打診をいただき、有り難く飛んでいくことに。


主催者兼リーダーである彼からの指示は

 

「あなたはナンパだけに集中していればいいからwww」

 

なんとまあ、僕の特徴をとらえた完璧なマネージメントなんだろう。


Simple is best.


背中で語るナンパを見せれればなと、

実は寝過ごして取り直した機内で考えていた。
その節は心からクラトロ氏に謝罪したい。


到着してクラトロ氏が抱く予定となるTinder経由の女性と参加者様たちと合流。。。の前に


目的地に行きながらも、念のため現地の様子を見るために、

声をちょこちょこかける。

ちなみに遅刻しているため心が痛かったがナンパツアーなので仕方ないと自分に言い聞かせる。参加者のみんなには言っていない笑)


1人目 Barの前で定員男と会話しているギャル

(この子以外ここまでギャルは3日間みなかった)


何やらガールズバー的なところらしく僕にも来い的なことを言う。
とりあえずスマホの地図で道を聞きながら、指を握り続けるセクハラをしてテンションをあげる


2人目 店の外で賄い飯を食べている女の子


「美味しい?(日本語)」と聞くと、
「美味しいwww」と日本語で帰ってくる。
店に急がなければいけないので、「Do you have a boyfriend in side?」ときき
「Yeah」とのことでバイバイ。


多分他にも声をかけた気もするが覚えていない


からの店到着。


この時は着いた瞬間に電池が0%だったため。
どローカル店舗の英語が通じないおば様に充電器を借りる。


おば様にありがとうのハグを求めた時の、
おば様の照れた表情は今回の旅のハイライトの一つ。


その後、時刻11時を回っていたので早速皆様とクラブにin


一応僕の基本である、
クラブに入った後のルーティーンとして全体を一周して位置を把握する。


最終的に、このクラブには3日連続で行ったので、今では店内マップが完全に頭に入っている笑


世界最高に価値の無い知識である


ちなみにここLampは、なんとT$500で飲み放題なのでお財布にも優しい


さて、客の状況は、平日だったこともあり、日本の田舎のクラブに近い


男女比率 男性30% 女性70%


控えめに言って天国である


しかしながら、女の子は団体で来ている。2人組、3人組は勿論のこと、10人組などもいた。


勿論全団体にお声がけさせて頂いた中で、
10人組の一人が何かと喰いつきが良かったので絡んでいると、
時折全体で「うぇーい」のタイミングがあり、持って行かれる。


うーむ。。。


そのタイミングで私は他をサーチしていると、
一人で来ているというぽっちゃりちゃんを発見。

 

これまたノリがいいではないか。

 

何度か乾杯をしていたが、ローカル人材にこちらも持っていかれる。

悲しい。。。


ちなみにこの子は次の日も来ていた。
寂しい系パリピなのであろう。


そんなこんなで初日は坊主。
悔しさを参加者の方にぶちまけてしまった。大変申し訳ありませんでした。

心から悔しかった。


しかしながら、一応ゲスト枠で呼ばれているので即を頭に入れていたが、
何となく高雄では抱ける気がしていた。
毎回思ってる気がするが笑


2日目


海外あるある事件が発生し、15時ごろまで休憩し、
皆様と大きな高島屋的なモールにナンパへ。


客はタゲとして、見合う人がいないので、
私は店員にお声がけさせていただく。
基本的に1階から10階まで全部声かけるのがジェシー流


打たないとシュートは入らないのである。


会話は基本的にストと全く同じ流れ


■会話テンプレート■


J「こんにちはー」
タゲ「???」


J「Can you speak Japanese?」
タゲ「No」


J「Can you speak English?」
タゲ「A little. My English is poor」(この表現は台北特有)


J「だいじょうーぶだいじょうぶ(日本語)」
J「By the way, Are you Taiwanese?」
タゲ「Yes」


J「Yeah! ! I love Taiwan!!! (めっちゃ大げさに)」
タゲ「HAHAHA」


J「Do you like Taiwan?」
タゲ「Yes. Of course!!(なんで聞くんだ的な笑い、海外の人が日本好き?と日本で聞いてくる感覚)」


J「I wanna make Taiwanese friends. Cause I wanna know Taiwan more」
J「Could you please become Taiwanese friends?」
タゲ「・・・okkkk. So?」


J「Let’s grab a coffee or something」
タゲ「I’m working nowwwww」


J「Ops, Yeah. What time do you finish work?」
タゲ「10:00pm」


J「Sure. I’ll come back here at 10:00pm」
タゲ「I’m not sure I can go to somewhere with you….」


J「All right. Don't worry. It's OK. At first, let's keep in touch. Do you have LINE??」
タゲ「Yes」
J「QR.. QRと。。。」


これでモールに関しては、約90%以上は交換できたっす。

正直バンゲは楽勝だったので25番げくらいしていた。しかしながら、バンゲなんか抱けなければ無意味、理由としてはモチベを保つために一応打診していた。

 

ちなみに、

死に番が多数だった理由に気がついたのは最終日の夜。

 

これはまた別の機会に。


次回は2日目でモールで出会って即った流れを公開しますー

 

では皆様 良い夜をー

盟友クラトロ氏に捧げる

 

あ、あとナンパツアーは次回もあります。

 

是非奮ってご参加を「ナンパツアーは尊いです」下手したらまじで人生変わります。

保証はしないですが、やる気があれば楽しいですよ。

camp-fire.jp

ふと思ふ。

何か気分が変わってきたので、再度を筆(というかPC)を持つ。

 

http://dorararpg.hatenablog.com/entry/2015/10/21/113004

こちらのブログを読ませていただき、
すごいあるあるな自分を思い出した。

 

僕も同じ経験がとても多い。

 

何をするかというと、ネタバレになるが、
・相手のことを思って、敢えていつもならヤレルタイミングで放流を選択する
ということ。

 

これは、例えると、
打率9割の状態において、
全くこれまで同じボールが飛んでくるにも関わらず、
次にホームランが打てると「なぜか」思い、
空振り3振してしまうのだ。

 

ものすごーーーーーーーく悔しい。

 

「なぜだぁあああああああああぐわぁあああああああああ」

 

と酔っ払いながら雨に打たれ気が狂ったように叫んだことも何度もあった。

 

冷静に考えると、
自分は「いつも」とタイミングを外してるつもりだから、
上手く行く、信頼度を上げ、食いつきを上げてると、
「勝手」に思っているのだけど、
相手は別にそんなことどうでもいいと思っているのだと。

 

相手がガードが下がったタイミングで打つべきだし、
それで一発KOのことが多い。

 

・・・・

 

うーん。

ここまで書いたけど、違うパターンもあったなあ。。。

 

ラブラブいちゃいちゃ一日中過ごして、
セックスしたら、それはしたくなかったという謎のパターンも笑

そして結果疎遠になるという。

 

まあ、先にヤルか時間を置いてヤルか、
それで食いつきが変わるかどうかは、
人によりますな。

 

なんにせよ、今の私は「期待しない」ということをモットーに生きてますが、
それが一番ラクな生き方かなと。

 

そろそろ、シッダールタを読み返そうと思う。

 

ゲイオープナーという選択肢

皆さんは「ゲイオープナー」をご存知だろうか。

知るわけないだろう。

 

何故なら、私が作った造語、、、、

のつもりだった。

 

尊敬すべき友人のクラトロ氏が開発した、

「ねえ、いい男いた?」というクラブで使うオープナーを、

私が勝手にパクってそう呼んでいた。

 


しかし、ググってみたところ、
種類は違えど、天下のasapen先生も使っていたみたい。


何かというと、その名の如く、
ゲイに扮して女性に挨拶を行いオープンする」のである。

 

ただそれだけ。

 

無意識にパクって使ってたけど、
記事になってた。

出会うときには「安心感」を与え、その後はとにかくマメに尽くす、

このパターンを実行している人が人たらしになっています。


女好きの人も、それだけ女性に好かれるわけですから立派な人たらしです。

 

 

こちらは対女性のみでなく、
商談でもアイスブレイクは絶対あったほうが和むし、

貴社の味方ですよというのは、
確実に必要なテクニックかと。

 

これと近しい内容が凄腕Yさん(ちなみに上の記事もYさん経由)からの

リンクで拾った、
運営者不明のバクニューというサイトにあった記事。

 

「ビックマウス”有田哲平”が説く、女の子をお持ち帰りする3つの方法」


ビックマウス”有田哲平”が説く、女の子をお持ち帰りする3つの方法 | バクニュー!!!

有田:竹山さん、二人でいきました、

竹山さんが女の子に「今日、俺んち来い、俺んち来い」って言う。

これを言うと、女の子はもちろん引きます。そんな時はどうするか?矢作さんが女の子の側につくんです。矢作さんが、竹山さんのことを怒るんです。「おい、おい、そういうこと言うなよ竹山…可哀想にねーごめんねほんとに」って、ずーっと言っておきます。そしたら、言われた女の子は完全に矢作さんが味方になったと思います。「あ、矢作さんにまかせておけば大丈夫!」ってなります。「ふざけんなよ竹山、なんでそんなに連れて帰ろうとするんだよ!!」とかなんとか、ばーって言います。散々、30分、1時間説得した挙句。最後に矢作さんが「あ、なるほどね。そうゆうんだったら、竹山さん連れて返っちゃえばいいじゃん?」っていえば、女の子は「う~んっ」ってなります。

 

 

面白かった。
※一応リンク貼ってますが、転載が怒られたら消します。

 

ゲイオープナーのロジックに近いなあと思った。

 

彼氏がいる女性に彼氏を褒めて同調するのも同じなので、
基本的な内容ではある。

 

個人的に何となく感覚で理解しているけど、
文字に起こして、より正確に理解してみようと思った次第。

 

ただ、ゲイオープナーは、
恥ずかしがると気持ちが悪いので、
友達感覚で言うか、
120%ゲイでいくか心を決めて使うのが辛い。

 

f:id:takiseeedkamen:20150220172727j:plain

 

 検討を祈る。

ナンパ師がネットワークビジネスに出会い発狂しそうなった時、そっと思い出して欲しい記事を書いてみた

読了時間:約3分 

 

キュウベイ(ぼく) VS ネットワークビジネス の歴史は長い。

 

f:id:takiseeedkamen:20150216181016j:plain

 

大学の友人に「これ知ってるか?」と誘われて、
「...考えさせてくれ」と何とかその場を脱出し、
ググりまくったところ、これ友達無くすやつやんと判明。

 

それ以降そいつとは疎遠になったが(縁を切った)

これがキュウベイとネットワークビジネスの、
記念すべきファーストインプレッションだった。

 

そんなキュウベイも社会人になり、
コミュニティをフットサルや、ナンパにより拡大し、
見知らぬ人と話すことが増えてきたころ、
ネットワーク中毒者たちに再度巡りあうこととなる。

 

 

どうやら、キュウベイさんは、
彼らのターゲット層にどストライクみたいでござった。

 

 

地方から出てきている×野心家×友達少ない

=ネットワークターゲット=キュウベイ\(^o^)/

 

初めて参加したフットサルにて、
そのままの流れで飲み会に誘われ、
10名+キュウベイにて楽しく飲んでいると、
まさかの10名全員ア◯うぇ~い会員の時もあった。

 

開始1時間後に全てをカミングアウトされる。
これがえげつない。

 

☆四☆面☆楚☆歌☆

 

f:id:takiseeedkamen:20150216190801j:plain

とはこのこと。

 

うぇ~い1号

「いきなり電話してハワイ行こーぜー的な感じでスグに行けたらマジ最高じゃね??」

 

 

うぇ~い2号

「ん?あいつも、あいつも、あいつも、あいつも、みーんなコレやってるぜ!」

 

 

I REP のKREVAのリリックと交差して一瞬2号がKREVAに見えた。

2分27秒以降をチョケラッってくれ。

 


DABO ANARCHY アナーキー KREVA - I REP PV from The ...

 

以下略

 

うぇ~い10号(リーダー格イケメン)
「俺も最初は嫌だった。親がやってたから。けど、ア◯うぇ~いに出会って人生が本当に変わったんだ。」

 

丁重にお断りして逃げるように去った。
正直知らない人10人が仲間だと思ってて、
いきなり敵になると、かなり怖かった。

 

嫌な思い出しかないが、
1個だけ学びがあった。

それは人に何かをお願いしたい時は、
「必ず話の最初に言って欲しい」ということ。

 

つまり我々でいうところの

「君とセクロスしたい」ということである。

 

いい人だなーって思って、
いきなりア◯うぇ~い系をカミングアウトされると、

先ほどの10名VSキュウベイのように

 

「ふぁ!!???
勧誘でござるか!!!!
我輩を金ずるとしてみていたでござるか!!!!
人の、、、心を、、、弄びやがって!!!!ふおおおお!!!」

f:id:takiseeedkamen:20150216191222j:plain

となる。


後々考えると、
これって女性をセクロスに誘う時も同じだなと。

 

 

「キミ良い子やね。良い性格してるよ。」

 

 

からのノーモーションから、
店を出て直ぐに、手をつなぎ、

 

「ホテルかカラオケか俺んち☆どうする?☆」

 

だと、同様に「ふぁ!!???」となるということ。

 

 「キミ良い子やね。良い性格してるよ。」

 

女性側からするとこれ全部ウソかよ。
折角友達になれると思ったのに。(←100回くらい言われた)

となるなあと。

 

至極当然のことながら、男性側としては、
よっぽどイケメンでも無い限り、
ネットワークの勧誘or海外等での逆ナンの機会は無い。


もしくは、仕事で大きな金額の営業を受ける側以外で、
こういった仲良くなって要望を聞き入れる手法は受けないから、
女性の気持ちを分かるのが難しいなあと思った。

 

したがって、

ネットワーク誘うにしても、
セクロスしたいにしても、
事前にその目的があることは伝えていきましょうw(ぼくはネットワークアンチです)


ちなみに、かれこれ、
ネトナンで3回、クラブで1回、
ネットワークにハマった女性とご飯いきました。

勿論、後からカミングアウトされます。

不本意ながらぼくレベルになると、飯の食べ方で分かります。

 

キュウベイ「Are you  Amうぇ~い系??」

 

すぐに聞きます。


最適な回避方法は、それ以上、決して掘り下げないこと、
そして、最初から興味がない、
嘘でもいいから金に困って無いことを伝えるのがベストかと思うっす。

 

あと気をつけてください。

やたら「経済」という言葉を使ってくるので、
お前ごときが「経済」「経営」「ビジネス」を語るなよ。
とイラツイて論破したくなるのですが、
火に油注ぐだけでした。。。

 

しかもコレが良く燃えること燃えることwww

 

ねずみなので、
良く分からないロジックで逃げていきます。
さらに、とりあえず人(そいつの上司?)に会わせようとします。

さあもう、こうなると収集がつきません。

 

ぼくはテメーに聞いてるんだーむきー!!
→相手は上司の紹介をセットし、ターンエンド!!


ぼくはテメーに聞いてるんだーむきー!!
→相手は上司の紹介をセットし、ターンエンド!!

→エンドレスリピート

 

f:id:takiseeedkamen:20150216191612j:plain

 

 

といった感じ

だから、繰り返しになってしまいますが、
最善な対策は興味無いということを伝えることが一番かと。

 

うぇーい系で迫ってきた奴を抱いてやるぜよ☆と志し、
1人だけキスまで行けましたが、
根本的にねずみモードになった人物の人格は合わないので、
金輪際分かった時点で放流するようにしてまふ。


これで割り勘だった時に、
発狂したくなるので、
そんな方々に被害者はあなただけじゃないです。
という気持ちを込めて綴ってみました。

 

どなたかが逆襲して即っていただけるよう、
心から願ってます。

 

今日はこの辺で。