GIVE ME YOUR NUMBER

グローバルセクロスアスリート in SouthAsia

「非日常」を演出する俺のとっておき

こんばんわ、最近の私の話を。

 

ツイッターで反響を頂いた、

こちらの内容

 

 

何というか、女性を知らない私でさえ知ってる女性が喜ぶこと、

それは、非日常を演出するのがいいみたい。

 

f:id:takiseeedkamen:20131108141119j:plain

 

今回、エロというジャンルで、

「舌を出して」と命令するのと、

「唾液をたらす」という合わせ技で非日常を演出してみた。

 

また、5年くらい前は、

「花」を渡していた。

 

アポのあとにバックに入れていた「ブーケ」(350円~500円)

を「何となくお前を考えて待ってたら、そこで売ってたから」と言って渡していた。

 

初対面でも。

 

 

f:id:takiseeedkamen:20141025140356j:plain

 

効果があったのかどうか、比較対象が無いので分からないが、

少なからず「非日常」を演出できていた。

今思い出すとそこで色んなリアクションが見れるので面白かった。

 

意外とチャラチャラした派手な子が、

「「花」なんてもらったことない!!」

と言ったり、

 

真面目そうな子が、

「花をもらったの2回目!嬉しい!」等。。。

 

2回目。。。

 

恥ずかしげなく目を見て渡すのがポイント。

 

ちなみに誕生日が近い女性の時は、

最も準備がしやすい。

 

誕生日プランは3,500円×2等多くあり、

低いコストでサプライズできる。

 

そして渡すのはこれ。

 

「ガラスの靴」

 

思いついたのは、

「22時に帰るとかシンデレラやんwガラスの靴今度用意しとくわー」

と別の子と電話しながら、

これは!!!!

と思い、Google先生に聞いてみた。

 

これ10個位ストックしてます。

 

普通に可愛いので、超オススメ。

クリスマスアポに是非。

なんと1,400円。

 

また、思い出したら追加します。

 

 ※12/9 追記 アポが3件確定したので買おうとしたところ売り切れてました