GIVE ME YOUR NUMBER

グローバルセクロスアスリート in SouthAsia

ゲイオープナーという選択肢

皆さんは「ゲイオープナー」をご存知だろうか。

知るわけないだろう。

 

何故なら、私が作った造語、、、、

のつもりだった。

 

尊敬すべき友人のクラトロ氏が開発した、

「ねえ、いい男いた?」というクラブで使うオープナーを、

私が勝手にパクってそう呼んでいた。

 


しかし、ググってみたところ、
種類は違えど、天下のasapen先生も使っていたみたい。


何かというと、その名の如く、
ゲイに扮して女性に挨拶を行いオープンする」のである。

 

ただそれだけ。

 

無意識にパクって使ってたけど、
記事になってた。

出会うときには「安心感」を与え、その後はとにかくマメに尽くす、

このパターンを実行している人が人たらしになっています。


女好きの人も、それだけ女性に好かれるわけですから立派な人たらしです。

 

 

こちらは対女性のみでなく、
商談でもアイスブレイクは絶対あったほうが和むし、

貴社の味方ですよというのは、
確実に必要なテクニックかと。

 

これと近しい内容が凄腕Yさん(ちなみに上の記事もYさん経由)からの

リンクで拾った、
運営者不明のバクニューというサイトにあった記事。

 

「ビックマウス”有田哲平”が説く、女の子をお持ち帰りする3つの方法」


ビックマウス”有田哲平”が説く、女の子をお持ち帰りする3つの方法 | バクニュー!!!

有田:竹山さん、二人でいきました、

竹山さんが女の子に「今日、俺んち来い、俺んち来い」って言う。

これを言うと、女の子はもちろん引きます。そんな時はどうするか?矢作さんが女の子の側につくんです。矢作さんが、竹山さんのことを怒るんです。「おい、おい、そういうこと言うなよ竹山…可哀想にねーごめんねほんとに」って、ずーっと言っておきます。そしたら、言われた女の子は完全に矢作さんが味方になったと思います。「あ、矢作さんにまかせておけば大丈夫!」ってなります。「ふざけんなよ竹山、なんでそんなに連れて帰ろうとするんだよ!!」とかなんとか、ばーって言います。散々、30分、1時間説得した挙句。最後に矢作さんが「あ、なるほどね。そうゆうんだったら、竹山さん連れて返っちゃえばいいじゃん?」っていえば、女の子は「う~んっ」ってなります。

 

 

面白かった。
※一応リンク貼ってますが、転載が怒られたら消します。

 

ゲイオープナーのロジックに近いなあと思った。

 

彼氏がいる女性に彼氏を褒めて同調するのも同じなので、
基本的な内容ではある。

 

個人的に何となく感覚で理解しているけど、
文字に起こして、より正確に理解してみようと思った次第。

 

ただ、ゲイオープナーは、
恥ずかしがると気持ちが悪いので、
友達感覚で言うか、
120%ゲイでいくか心を決めて使うのが辛い。

 

f:id:takiseeedkamen:20150220172727j:plain

 

 検討を祈る。